三重県へ行くなら、ここは行っておきたい観光地ベスト2

まずは伊勢神宮でお参り。

三重県を旅行するならまず訪れておきたいのが伊勢市にある伊勢神宮です。伊勢神宮には外宮と呼ばれる神社と内宮と呼ばれる神社があり、先に外宮を参拝してから、その次に内宮を参拝するのが正式な流れとなります。外宮には火除橋、御正宮、多賀宮などのスポットがあります。一方内宮には宇治橋をはじめ、五十鈴川御手洗場、荒祭宮、子安神社などのスポットがあります。また内宮の近くにはおかげ横丁がありお土産物店や飲食店など多くの店舗が建ち並び、大勢人で賑わいます。外宮へはJR参宮線伊勢市駅より西へ徒歩約10分でたどり着くことができます。内宮へは近鉄宇治山田駅よりバスもしくはタクシーで約10分で行くことができます。外宮から内宮へ向かうバスもありますので、アクセスには大変便利です。

大内山地方を散策しよう。

三重県は豊かな森林に囲まれた場所としても知られています。せっかく三重県に来たのですから、そうした自然も満喫しておきたいものです。オススメのスポットは三重県の中部にある大内山地方です。このエリアは山と田園、それに河川に囲まれた自然豊かな場所で、旅の疲れを癒やしてくれる空間です。山に囲まれているという特性から、夏場でもそれほど暑くならないのが特徴です。よって隠れた避暑地としても支持されています。エリア内には牧場もあって、新鮮な牛乳を飲むこともできます。また山の中に入ってのキノコ採りや川での魚釣りなど様々なイベントも実施されています。大内山地方へはJR紀勢本線大内山駅下車が便利です。

ヤートラルートとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です